たぶん水槽は2台目だと思うから。。


by senameru
カレンダー

<   2007年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

詫び草二号の配置換え

詫び草二号の入れ物を換えて配置換え。
これはこれでいいかもしれない。
c0120253_0355027.jpg

[PR]
by senameru | 2007-10-30 00:36 | 詫び草

稚魚とその他のお魚さん

稚魚を発見してから1日。

c0120253_22252719.jpg

脱走、捕獲を繰り返してるため、隔離箱の稚魚の数が減ったり増えたりしてます。
最大で9匹ほどいたのですが現在6匹。
食べられちゃうとかわいそうなのでなるべく隔離するつもりなのですが、
逃げ出したのも無事に生き延びてそうなので隔離しないでも大丈夫なのかもしれません。。

c0120253_22265115.jpg

激しくピンぼけですが、マキュラータ君だいぶ赤くなってきました。
TDSの値を抑えるようにしてるのがいいのかもしれません。
(我が家の水道水は145ppmぐらいです。orz...)

c0120253_22321948.jpg

ジュリー君。
臆病すぎます。。。
もう少し前にでてきてほしいです。

c0120253_22325773.jpg

30Cのオトシン君は夜にならないとでてこないので
60Pのオトシン君。
変な隊列をつくってたのでパシャリ。

とくに、落ちもなにもないです。
はい。
[PR]
by senameru | 2007-10-28 22:34 | 30C(終了)

なにかが生まれた。

今日、いつものようにシリコンチューブを使い化粧砂を掃除している途中、
なにか生き物を吸い込んだ。

エビかなとおもって吸い出した先のバケツをのぞいてみると
エビじゃない。。

お魚ですな。。

とりあえず、あわてて産卵箱を買ってきた。。
隔離しなくてもいいのかもしれんが、今までも何匹か気がつかずに
捨てていた可能性もあるのでとりあえず隔離。

c0120253_16412211.jpg

君はだれ???

底にいるからコリドラスの子供なのだろうと思う。

とりあえず、水槽の中にも何匹かいたので隔離。
まだまだ、水槽にいると思われるがとりあえず。。

c0120253_16432088.jpg

5匹いる。
ただ、小さすぎてスリットを余裕でゆけれそうだ。。。

とりあえず様子をみていくことにする。
[PR]
by senameru | 2007-10-27 16:44 | 30C(終了)
c0120253_1564820.jpg

(画像がないのでチャームさんから勝手にお借りしました。。問題あれば削除します。)

お魚へのインタビューシリーズ第一弾として、
現在60P水槽にお住まいのヤマトヌマエビさんにセナメル水槽に
やってくることになった経緯、及び日々の生活の様子について話をお伺いしました。
セナメル水槽では冷遇されがちなエビの中にあって
ヤマトヌマエビさんがエビの地位向上について熱く語ってくれましたのでその様子をお伝えします。


インタビューア:はじめまして。
まずは、セナメル水槽にやってくることになった経緯についてお話いただけますでしょうか?


ヤマトヌマエビさん:経緯ですか?あまり思い出したくありませんね。散々でしたので。。

イ:なにか大変な思いをされたようですがお話いただけますでしょうか?

ヤ:わかりました。
あのことを思い出すたびに身の毛がよだち思わず、脱皮しそうになります。
あの日、私はいつものようにお気に入りの詫び草の上でコケをツマツマしていました。
私に対するアクアリストの期待は理解しているつもりでしたので。
その時です、急に詫び草が急上昇したのです。
振り落とされたらまずいと思い、私は必死にリシアにくらいつきました。
すると、間髪いれずぬれた新聞紙で詫び草ごとくるまれたのです。
もう、パニックでした。仲間たちが出荷される様子を見てましたのでこれが出荷かなとも思いましたが、新聞紙にくるまれた瞬間これは違うと確信しました。
あとでわかったことですが、セナメルがセールで詫び草を購入しどうもそれに私はまぎれてしまったようです。

イ:なんというか壮絶な経験ですね。急に水のない世界というか新聞紙にくるまれたわけですが体は大丈夫でしたか?

ヤ:おかげさまで、体は大丈夫でした。ショップに来る前、地上を何度か歩いたことがありましたので。ある程度湿度が保たれてれば少々地上にいるくらいは大丈夫です。ただ、新聞紙のインクのにおいがきつかったですね。

イ:なるほど、さすが淡水エビの帝王とよばれるヤマトヌマエビさんですね。新聞紙にくるまれた後はどうなったのでしょう?

ヤ:正直、生きた心地がしませんでしたね。新聞紙にぐるぐる巻きにされ、その後セナメルの家まで移動する間、激しく揺れましたのでもう酔っ払いエビになっていました。
到着後、セナメルが新聞紙を開けてくれたときは「助かった!」と思いましたね。
死を覚悟していましたから。
ところがです、セナメルの野郎は満足そうに侘び草を取り出すと、残った新聞紙をくるくると丸めゴミ箱に捨てようとしたのです。そこに私がいることなどお構いなしに。

イ:一難さってまた一難ですね。今度の危機はどう回避されたのですか?

ヤ:私も必死です。せっかく新聞紙からでれると思ったのにまた包もうとする馬鹿がいましたので。そこで私は必死にアピールしました。電車酔いでフラフラでしたが、力を搾り出してジャンプしてやりました。私の存在を気がつかせるために。

イ:なるほど。それでセナメルはヤマトさんの存在に気がついたのですか?

ヤ:それはもうバッチリです。驚いて腰を抜かしていましたよ。どうもやつはエビが苦手のようですね。

イ:よかったですね。これで一安心となりましたね。

ヤ:ところがです。本当の苦難はここから始まりました。
私も、仮にもアクアリストであるセナメルが私の存在に気づいたので、ここから先はまっとうな扱いを受けるものだと思っていましたが、この期待はあっさり裏切られることになったのです。
奴はなんと、私をベランダの外のバケツの中に放り込みやがったのです。
奴は第3水槽だとかと抜かしていますが、なんのことはないただのバケツです。

イ:これはまた。。バケツの中にほうりこまれるとは災難ですね。

ヤ:まったくです。バケツの中には親戚のミナミヌマエビさんがいまして
どうもバケツは不要なエビを置いておくところなのだと、ミナミさんの話を聞いてわかりましたね。正直ショックでしたね。
アクアリストの期待を一心にうけ、いままでコケを取り続けてきましたがここまでぞんざいな扱いを受けるとは思っても見ませんでした。
バケツですので当然、温度管理、水質管理なぞされてはおらず環境的にも厳しかったです。

イ:それは大変でしたね。最近は朝、夜は冷え込むことも多くなったのでつらかったでしょうね。。
今現在は60Pにお住まいとのことですがどういったきっかけで60Pに移ることができたのでしょう?


ヤ:はい、確かに現在は60Pに住んでいます。といっても昨日移ってきたばかりですけどね。
なんでも、セナメルがリンクを張らせていただいているブロガーの方に、何かの縁ですから大事にしてくださいね~。といわれたことがきっかけのようです。どなたか存じ上げませんが感謝しております。

イ:それはよかったですね~!。捨てる神あれば拾う神ありといったところでしょうか。

ヤ:おかげさまで60P水槽はバケツ水槽にくらべて、環境が段違いにいいですから。
ただ、これから寒い季節を迎えるので残してきた親戚のことが気になります。

イ:それは心配ですね。お気持ちを察しいたします。
セナメルに対し地位向上を訴えてはどうですか?


ヤ:私もそれを考えているところです。
奴は我々エビを軽んじすぎています。
トップの写真をみてもわかりますが私なんぞ写真にもとってもらえません。
我々がいるからこそ水槽がコケまみれになるのを免れ綺麗に維持されているということをもっと理解するべきだと思います。
奴はどうも我々ヤマトヌマエビを飼うのは初めてのようですので、これから我々のコケ取りパワーを見せ付けてやるつもりです。
そうすれば、奴も我々を見返してくれると思います。
なにか、媚びる様で腹が立ちますが、まずは仕事をきっちりやり遂げる所存です。

イ:セナメルに厳しい扱いを受けたにもかかわらず仕事を全うしようとする態度に敬服いたします。
セナメル水槽でのエビの地位向上することをお祈りします。


ヤ:ありがとうございます。
郷に入れば郷に従えといいますし、精一杯がんばります。

イ:本日は引越ししたてのところ長々とインタビューにお答え頂きありがとうございました。
これからのヤマトさんのますますのご活躍をお祈りいたしましてインタビューを終了させていただきます。
本日は誠にありがとうございました。


ヤ:ありがとうございました。
[PR]
by senameru | 2007-10-25 17:28 | インタビュー with the お魚

お魚紹介。

今日は、お魚紹介。

まずは、60Pから、

c0120253_21262375.jpg

オトシン君です。(脱糞中です)
60Pには2名住んでおります。

c0120253_21291565.jpg

グリーン君です。
最近餌のやり過ぎか太ってまいりました。

他にはミナミヌマエビ君と新聞紙に包まれてやってきたヤマトヌマエビ君がいますが割愛。。

次に30C。

ただ、30Cは臆病者が多くてなかなか写真に撮られてくれません。。

c0120253_214813100.jpg

マキュラータ君。
色がまだまだですね。もっと燃えるような赤色になってくれるようがんばります。

c0120253_21491791.jpg

ハブロスス君。かわいらしいです。
30C水槽の住人の中では一番、根性が座ってます。


ハステータス君とまたもやハブロスス君。
ハステータス君はまったく表にでてきませんのでビデオで差杖しました。
常に仲間同士で群れ群れなコリドラスですね。
一見コリドラスではないですが。。


ジュリー君です。名前がいいですね。
30Cで圧倒的に大きな図体のくせに最も臆病者です。
3名いらっしゃいますが、全員臆病者です。
ミニコリと違って水面に空気を吸いにいく姿が迫力があり嫁が気に入ってます。通称大コリ。

写真がないのですが、
30Cにオトシン君がいます。臆病でいつも石の後ろにいます。
60Cのオトシン君と違って主食はもっぱらコリタブです。
夜中たまに水槽をのぞくとコリタブの上にどすんとのっかっている姿を目撃します。

c0120253_21571246.jpg

最後に、二つの水槽の写真です。


以上、お魚紹介でした〜。
次回はお魚にインタビューでもしてみようかと。。
[PR]
by senameru | 2007-10-24 21:58 | 生体

水質調査(一区切り)

最近は水質調査ばかりやっていてなにがなんだかわからなくなってきている。。
これ以上続けると「アクアリウムブログ」から
「水質調査ブログ」になりそうなので、
今日で一区切りをつけようかと思う。(もちろん継続して水質はチェックしていくけどね)

今日はあらたにKHの値を測定。
影の主役ってことだそうなので。。

c0120253_217635.jpg

左から、水道水(ブリタ水)、60P、30C
なんだか、のっけからブリタ水(ブリタを通した水道水)があやしい。

1滴目
c0120253_2195291.jpg

ぬお!
1滴目で反応しやがった。。
気を取り直して
2滴目
c0120253_2203454.jpg

60Pも反応。

結果
ブリタ水:1dH以下
60P:2dH
30C:1dH

ちょいと低すぎる気がする。
理想が2dH〜8dHらしいので。。。
にしてもブリタ水が気になる。
プリタ水はのっけから色が黄色みがかってたので。。

ということで、水道水とブリタ水で比較(もはやアクアは関係なくなってきている。。。。(汗))
c0120253_2241868.jpg

左から、水道水、ブリタ水。
やはりブリタ水がのっけから黄色い。
それに対し水道水は真っ青。

1滴目
c0120253_2251050.jpg

やはりブリタ水が反応。

2滴目
c0120253_2253568.jpg

水道水も反応。

この結果から、ブリタにはKHを50%以上減少させる効果があるといえる。
薬品によるKH降下よりは健康てきかもしれない。。。

ただ、我が家の水道水は2dH。。
これは低いのかどうだかわからんが、理論値の下限値であるので心もとない。
KHの重要性をいまいちわかっていないがKHをもうちょい上昇させてやる必要があるのかもしれん。
pHの変動が激しくなるらしいし。

そんな事よりブリタ水。
KHの減少はpHを下げることにつながるということなのでpHを測定。
c0120253_2293053.jpg

左から、水道水、ブリタ水、60P、30C
ブリタ水、見事に黄色いです。

こうなったら、GHも計るしかあるまい。
c0120253_2304529.jpg

これまた、左から、水道水、ブリタ水、60P、30C

3滴目
c0120253_2314195.jpg

ブリタ水、30Cが反応。

5滴目
c0120253_2321679.jpg

60Pが反応

7滴目
c0120253_2325015.jpg

水道水が反応

結果
水道水:3.5dH
ブリタ水:1.5dH
60P:2.5dH
30C:1.5dH 
という物になった。
60Pと30Cが低いのはソイル効果、詫び草効果、純水効果であると思われる。
にしても特筆すべきはブリタ水。
もとの水道水から2dHも下げている。
このことから、ブリタ水がおいしく感じられるのは硬度を下げ軟水化していることによるもの想像される。

ついでにTDSも測定してみた。
結果
水道水:156ppm
ブリタ水:136ppm
60P:145ppm
30C:96ppm

やはり、ブリタ水は水の中の不純物を取り除いている事がわかる。
ちなみに、ブリタを通した水をさらにブリタを通すという果てしなく無駄で根気のいる作業を
やってみること5回。ブリタ水は111ppmまで下がったことをここに報告しておく。

なんというか達成感を感じる。

あぁ、ブリタ!

愛しのブリタ♥


で、アクアに戻って、硝酸塩とリン酸を測定

硝酸塩
c0120253_2422071.jpg

さっきから激しくピントがぼけてますがお許しください。
左から、ブリタ水、60P、30C

いずれも検出されず。

リン酸
こいつは写真におさめてませんので結果のみ
60P 0.1mg/l以下
30C 0.5mg/l

やはり、30Cの方が高い。
でもDr.BIO(リン酸吸着ろ材)のおかげか一番最初の時よりは下がっている。
30Cの方が検出量が多いのは水草の植栽量と餌のちがいの用な気もする。
30Cは主にコリドラスであるため当然餌もコリタブレット。
なにげにこのコリタブレットがリン酸の原因ではなかろうか!?
機会があったら検証してみたいと思う。


〜まとめ〜
ブリタには強烈に硬度を下げる効果あり。
またブリタを通した水道水はKHが下がる事によりpHは酸性になることがわかった。

〜今後の課題〜
いかに30Cのコケを防ぐのかが課題。
30Cと60Pのリン酸の検出量の違いは、水草の植栽量または
餌の違いのような気がする。餌であるなら給餌量を減らす事でリン酸を減少させる事が
できるかと思うが、肝心の生体に悪影響ができたらこまるため
当面は水換え、リン酸吸着ろ材を使用することで対応していきたい。
養分を多量に消費してくれるような水草(浮き草)の導入も考慮してみる。(お金がないので来月以降)
また、我が家の水と言う水はすべてKHが低すぎるような気がする。
KHに対しての知識がすくないためもう少し調べてみて
必要とあればKHの上昇させる術を実行してみようと思う。(お金があれば)
[PR]
by senameru | 2007-10-24 02:55 | 水質
なんだか、本来の目的を忘れそうだが今日もコケ対策を考えてみる。

=前回までのあらすじ=
コケに悩まされた30Cのリセットを機会に今度こそはコケに悩まされぬようコケ対策を真剣に考えるべく暴走を開始する。
ほぼ同一の環境にもかかわらず、60Pではコケが発生していないことから何か違いがあるはずと早速リン酸の試薬を購入して測定したところ60Pの0.25mg/lに対して30Cは2.0mg/lと8倍もの値を検出。主な原因は水草の植栽量によるところだと思うが30Cで水草を増やすのは厳しいと思い、リン酸を吸着し除去するろ材を購入しセット。
次の日、リン酸値を測定すると1.0mg/lとなり昨日セットしたろ材の効果を確認。
ついでに、水道水のリン酸を測定すると0.5mg/l以上を検出。。
これは大丈夫なのか。。。。。。

あらすじを飛ばして本題にGooooo!!
[PR]
by senameru | 2007-10-21 22:26 | 水質
昨日の今日ではあるが
リン酸除去ろ材であるDr.BIOのレポートを。
(Dr.BIOの存在もaqualivingさんのHPにてしりました。コケ対策についてわかりやすく解説されてるのでまだのかたはぜひ〜)


まずは測定。。の前に昨日の結果
c0120253_1658785.jpg

↑は30Cの飼育水と普通の水(リン酸が検出されない水)を1対1で割って測定。
よって、2.0mg/lぐらいと測定。
以下、本日の結果
c0120253_16585522.jpg

↑30Cの飼育水100%
c0120253_1711348.jpg

↑30Cの飼育水と普通の水(リン酸が検出されない水)を1対1

おぉ!!
結果から推測するに1.0mg/lぐらいと思われる。
減った!!!
果たしてこれがDr.BIOの効果なのか!?
引き続き追ってレポートします。
c0120253_1745211.jpg

ちなみにDr.BIOの中身はこんな感じ。

次に、水道水のリン酸を昨日はかるのを忘れたので測定してみる。
c0120253_1764086.jpg


んん??
もう一度測定。
c0120253_177961.jpg


ここれは(゜Д゜);;
どうみても0.5mg/l以上はあるように思われる。
なんということだ。。思った以上に我が水道水にはリン酸がふくまれてるではないか。。。
こんなものなのだろうか?????

借りているビデオカメラがあったので撮ってみた。
防水なので水槽の中から。

[PR]
by senameru | 2007-10-20 17:33 | 水質

コケ対策を考えたい!!

我が家の水槽、60Pと30C。
両方ともスタートから半年は経過した。
で、タイトルのコケ対策。
はじめたばかりで右も左もわからなかったが自分なりに
週1で水換えをおこないがんばってきたつもりではいる、そのおかげか、
60Pはセット初期こそコケまみれにはなったがその後幸いにもコケに悩まされる事はなかった。
だが30C、こいつはいまだ悩まされている。
現在はリセットしたてだからコケは発生してないが
二の舞にならぬようコケ対策を真剣に考えていかねばいかんと思う。

ま同じ水道水、ほぼ同じ濾過装置(60Pと30Cの違いはEXパワーフィルターの60か75かの違いのみ)でなぜに片方はコケがなく、片方はコケがでるのか?
そこになにか違いがあるからこそ差ができるわけなのでそこを、
リンクを張らせて頂いてる先輩方のブログを参考に学んだこと元に考えて見ようと思う。

まずはコケが発生する原因については水槽の中が栄養過多の状態になると発生し
栄養過多の状態とは水草が必要とする以上の栄養素が水槽にある状態。
栄養素は大きくわけて
 1.硝酸(窒素)
 2.リン酸
 3.カリウム
があり、1.硝酸と2.リン酸がコケにもっともつながるとのこと。
ということは、60Pと30Cの違いは水槽内の硝酸とリン酸の濃度である可能性が高い。

測定してみた。
まずは硝酸
c0120253_1563714.jpg

左から60Pと30C。
むう、やはり30Cの方が高い。。

次にリン酸。
いままではリン酸など気にもしてなかったがリン酸こそ気にしないといけない要素の一つと思い試薬を購入。
残念ながらaquamindさんからはでてないのでこれを購入。
通販で買わないとたかいな。。
c0120253_1593669.jpg

説明書を読むと2.0mg/l以上を測定するためには蒸留水が必要らしい。。
なんてこった。。
薬局に走ったが蒸留水うりきれ。。。
しょうがいないのでコンビニで硬度の低い水を買ってきた。。
こんなんでいいのかな(汗

とりあえず買ってきた水を測定。
c0120253_225120.jpg

ほぼ、透明。
どうやらこの水にはリン酸は含まれてないようだ。

つぎに30C、2.0mg/l以上である事を想定し、買ってきた水と1:1でブレンドして測定。
c0120253_243564.jpg

ぬう。
青いぜ!!
ざっと2.0mg/lというところか!
説明書を読むと1.0mg/l以下が望ましいとあるので非常に望ましくない状態だ。

最後に60P
c0120253_251530.jpg

これは水槽水100%なので、
0.25mg/l以下だろう。

なんということだ!硝酸もリン酸も30Cの方が圧倒的に高いではないか。。
これが30Cがコケる原因か。。。
おそるべし、科学の力。
いままでは、60Pと30Cに何か違いがあるからだろうぐらいにしかおもってなかったが
こうして改めて数値として目にわかる形でみると歴然だな。

ちょいとショックを受けたが、
明確に数値にできてきてありがたいとも言える。
30Cの方が硝酸もリン酸も高いことがコケが発生しやすい原因なのだから
これを減らせばいいのだ。

問題はどうやって減らすかだ。
水換えの頻度をこれ以上は増やせないしどうしたもんかな〜と思ってたところ
c0120253_2175231.jpg

こんな物がある事を知る。
なにやらリン酸を除去してくれるらしい。
早速サブフィルターに突っ込んでおいた。

とりあえず、今日はここまでにする。
こいつの効果については追ってお知らせいたします。

また今日の記事を作成するにあたってaqualivingさんのHPのコケ対策を大変参考にさせてもらいました。感謝ですm(_ _)m
[PR]
by senameru | 2007-10-20 02:22 | コケ対策
龍王石をいれて1日。

このての石は硬度をあげるらしいのだが、
果たしてあがっているのかをチェックしてみた。

試薬をポトポトすること6滴目
c0120253_1495386.jpg

ぬお!
30Cの方が先に反応した!!

さらにポトポト
c0120253_1505012.jpg

8滴目で60Pが反応。

前回の結果が、
60P :GH = 5 × 0.5 = 2.5(dH)
30C :GH = 7 × 0.5 = 3.33(dH)

今回が、
60P :GH = 8 × 0.5 = 4.0(dH)
30C :GH = 6 × 0.5 = 3.0(dH)
という結果になり、見事60Pの硬度があがった。
逆に30Cの方は硬度がさがっておりこれは詫び草の効果なのかもしれない。
60Pも願わくばこれ以上硬度はあがってほしくないので
今後も注意深く観測していこうと思う。

上の写真の左は硝酸塩。
(亜硝酸塩もついでにはかったが検出されず。)
30分後(40分後になったけど)
c0120253_158411.jpg

いつもより30C、60Pともに多い。。
60Pは昨日水槽をひっちゃかめっちゃかにした影響だろうか。
30Cは餌のやりすぎかな〜。
コリドラスには2種類の餌(タブレット)をその日の気分であげてるけど
1っぽうは食いつきはいいが硝酸塩が多く発生する気がする。
その餌が硝酸塩のもとになるのか、食いつきがいいからいっぱい食べて
排泄物が硝酸塩と変化していくのかはわからんが。
コケまみれになるのはやなので硝酸塩も可能な限り押さえていきたいと思う。


c0120253_156713.jpg

今日の60P。
濁りがとれて昨日より透明度がました。
よかった。
[PR]
by senameru | 2007-10-18 02:04 | 水質