たぶん水槽は2台目だと思うから。。


by senameru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

水質調査(一区切り)

最近は水質調査ばかりやっていてなにがなんだかわからなくなってきている。。
これ以上続けると「アクアリウムブログ」から
「水質調査ブログ」になりそうなので、
今日で一区切りをつけようかと思う。(もちろん継続して水質はチェックしていくけどね)

今日はあらたにKHの値を測定。
影の主役ってことだそうなので。。

c0120253_217635.jpg

左から、水道水(ブリタ水)、60P、30C
なんだか、のっけからブリタ水(ブリタを通した水道水)があやしい。

1滴目
c0120253_2195291.jpg

ぬお!
1滴目で反応しやがった。。
気を取り直して
2滴目
c0120253_2203454.jpg

60Pも反応。

結果
ブリタ水:1dH以下
60P:2dH
30C:1dH

ちょいと低すぎる気がする。
理想が2dH〜8dHらしいので。。。
にしてもブリタ水が気になる。
プリタ水はのっけから色が黄色みがかってたので。。

ということで、水道水とブリタ水で比較(もはやアクアは関係なくなってきている。。。。(汗))
c0120253_2241868.jpg

左から、水道水、ブリタ水。
やはりブリタ水がのっけから黄色い。
それに対し水道水は真っ青。

1滴目
c0120253_2251050.jpg

やはりブリタ水が反応。

2滴目
c0120253_2253568.jpg

水道水も反応。

この結果から、ブリタにはKHを50%以上減少させる効果があるといえる。
薬品によるKH降下よりは健康てきかもしれない。。。

ただ、我が家の水道水は2dH。。
これは低いのかどうだかわからんが、理論値の下限値であるので心もとない。
KHの重要性をいまいちわかっていないがKHをもうちょい上昇させてやる必要があるのかもしれん。
pHの変動が激しくなるらしいし。

そんな事よりブリタ水。
KHの減少はpHを下げることにつながるということなのでpHを測定。
c0120253_2293053.jpg

左から、水道水、ブリタ水、60P、30C
ブリタ水、見事に黄色いです。

こうなったら、GHも計るしかあるまい。
c0120253_2304529.jpg

これまた、左から、水道水、ブリタ水、60P、30C

3滴目
c0120253_2314195.jpg

ブリタ水、30Cが反応。

5滴目
c0120253_2321679.jpg

60Pが反応

7滴目
c0120253_2325015.jpg

水道水が反応

結果
水道水:3.5dH
ブリタ水:1.5dH
60P:2.5dH
30C:1.5dH 
という物になった。
60Pと30Cが低いのはソイル効果、詫び草効果、純水効果であると思われる。
にしても特筆すべきはブリタ水。
もとの水道水から2dHも下げている。
このことから、ブリタ水がおいしく感じられるのは硬度を下げ軟水化していることによるもの想像される。

ついでにTDSも測定してみた。
結果
水道水:156ppm
ブリタ水:136ppm
60P:145ppm
30C:96ppm

やはり、ブリタ水は水の中の不純物を取り除いている事がわかる。
ちなみに、ブリタを通した水をさらにブリタを通すという果てしなく無駄で根気のいる作業を
やってみること5回。ブリタ水は111ppmまで下がったことをここに報告しておく。

なんというか達成感を感じる。

あぁ、ブリタ!

愛しのブリタ♥


で、アクアに戻って、硝酸塩とリン酸を測定

硝酸塩
c0120253_2422071.jpg

さっきから激しくピントがぼけてますがお許しください。
左から、ブリタ水、60P、30C

いずれも検出されず。

リン酸
こいつは写真におさめてませんので結果のみ
60P 0.1mg/l以下
30C 0.5mg/l

やはり、30Cの方が高い。
でもDr.BIO(リン酸吸着ろ材)のおかげか一番最初の時よりは下がっている。
30Cの方が検出量が多いのは水草の植栽量と餌のちがいの用な気もする。
30Cは主にコリドラスであるため当然餌もコリタブレット。
なにげにこのコリタブレットがリン酸の原因ではなかろうか!?
機会があったら検証してみたいと思う。


〜まとめ〜
ブリタには強烈に硬度を下げる効果あり。
またブリタを通した水道水はKHが下がる事によりpHは酸性になることがわかった。

〜今後の課題〜
いかに30Cのコケを防ぐのかが課題。
30Cと60Pのリン酸の検出量の違いは、水草の植栽量または
餌の違いのような気がする。餌であるなら給餌量を減らす事でリン酸を減少させる事が
できるかと思うが、肝心の生体に悪影響ができたらこまるため
当面は水換え、リン酸吸着ろ材を使用することで対応していきたい。
養分を多量に消費してくれるような水草(浮き草)の導入も考慮してみる。(お金がないので来月以降)
また、我が家の水と言う水はすべてKHが低すぎるような気がする。
KHに対しての知識がすくないためもう少し調べてみて
必要とあればKHの上昇させる術を実行してみようと思う。(お金があれば)
[PR]
by senameru | 2007-10-24 02:55 | 水質